2019年1月12日土曜日

2000年問題

ITブームでし仕事は変わらず忙しかったですが、会社は分割の影響か業績は芳しくありませんでした。当時ワシの通ってた事務所の大手町ファーストスクエアは東京でも、もっとも家賃が高いビルで、経費節減に伴い2年あまりで飯田橋の住友ファーストビルに移転することになりました。そうなると辻堂から飯田橋まで通勤が2時間近くかかり社宅を都内に代えていただくことになり、港区は南麻布にある三の橋社宅に引っ越すことになりました。

古い社宅でしたがリニューアルされて快適でしたね。便利なので両親や友達もたくさん遊びに来てくれました。子供たちもドーターが小学校1年生、SONが幼稚園年少さんで一番かわいかったですね。もちろん今もかわいですよ。 
通勤もめちゃくちゃ楽になりました。当初はバスで溜池山王まで行ってましたが、南北線が開通し辻堂からの通勤と比べると天国でした。ただ帰り道に麻布十番や六本木が近くにあるので誘惑はたくさんありましたしが、たくさんの授業料を支払い今となっては貴重な経験をさせていただきました。
時は平成12年(2000)、世の中は1999年から2000年へ。1000年に1度のお祭り騒ぎの一方で、100年に1度の区切りを想定していなかったコンピューターが日付の処理を誤って一斉に誤作動する可能性が持ち上がりました。そうです2000年問題ってやつです。年末年始はSEや管理職のみなさんは会社で待機したりして独特の緊迫感に包まれていましたが、事前の対策がしっかりされて、社会の混乱はありませんでした。
このごろNTTはフレッツサービスが始まり、いよいよブロードバンド時代に突入するのでした。

つづく

2019年1月7日月曜日

働き盛り30代前半

34歳になったワシは平成11年(1999)7月からNTT東日本の法人営業部門の営業マンとして奮闘しました。引き続きお客様は外食のすかい○ーく様や日本リース様等です。分割で出来る営業と成長性のあるグローバル企業はNTTコミュニケーションに移行されましたが、仕事は充実してました。すかい○ーく様の店舗にはTAがYAMAHAのルータに代わりRT80iが1000台近く導入されました。日本リース様へは当時流行ってた統合配線システムが導入されました。そんなころ群馬支店からH8年入社のこの男が転勤してきました!
藤○大ちゃんです。どうですか?この毛髪。そしてかわいい!これは組合のレクレーションでキャンプに行ったときの写真です。ワシのドーターが抱っこしてる大ちゃんの長女も4月から大学生です。
今はこんな感じ。こんな長いお付き合いになるとは思いませんでした。大ちゃんの話はこのぐらいにしておきますね。このころ一番の仕事はすかい○ーく様がルームサービス(宅配サービス)の実験を行っており、いよいよ全店展開を始めることになり、店舗のバックヤードにテレフォンセンターを構築することになりました。まずは山形はかみのやま温泉、群馬は桐生、岐阜は羽島、大阪は池田、福岡はどこだったかな~、そして東京は三鷹本部の応接室、計6ヶ所に10~20席程度のテレフォンセンターを構築しました。宅配ピザ向けのCTIパッケージソフトを使った簡易なシステムでした。とにかく手作り感満載です。売り上げも好調で、あっという間にシステムに限界がきてしまい、本格的なCTIコールセンターシステムを東京、大阪に構築することになりました。新システムの目玉はテレフォンセンター受付けた注文をFAXで店舗に送信してましたが、プッシュ配信で店舗のパソコンに自動配信されます。他にもIT技術を駆使したたくさん便利機能が搭載されました。でもいいことばかりではなく注文が殺到する土日や雨の日のディナータイムにはセンターのシスコのルータがパンクして注文の配信が出来なくなることが多発しました。お客様には大きな機会損失を与えてしまいましたが、SEやベンダーさんが一生懸命対応した結果、トラブルも収束しお客様との信頼関係は更に深まっていきました。そしてこのシステムは今でも何度もの更改を行い稼動してます。こんな感じでいろいろな業務が、どんどんシステム化が促進されITバブルが始まるのでした。

つづく

2018年12月31日月曜日

NTT分割

平成11年7月1日(99年)に純粋持ち株会社であるNTTのもとに、NTT東日本とNTT西日本(地域通信)、NTTコミュニケーションズ(長距離・国際通信)、NTTドコモ(移動体通信)、NTTデタータ(システム構築)がぶら下がる形に再編された。
法人営業部の人もお客様も再編に伴いバラバラになり、フランチャイズが中国支社のワシはお客様とともに一旦NTT東日本に属することになりました。
 NTT東日本の本社所在地は初台で、本社社屋は高層棟、低層棟からなり、隣接する東京オペラシティとは山手通りををまたぐように連絡通路で繋がっています。そしてワシらNTT東日本 法人営業本部は 大手町ファーストスクエア イーストタワーに事務所を構えました。ここは当時一番坪単価が高いオフィスビルと言われてました。最新鋭のビルでは、土日はよくドラマの撮影が行われており、田舎物でミーハーのワシにはたまんない立地でした。
そして当時お世話になったのが営業部長の○竹さん、部長の佐○さん、そして課長の米○山さん。今年の7月卒サラするワシの送別会も開催いただきました。
米○山さんは隣のチームの課長でしたが、一社時代から本当によく飲み会やゴルフにいきました。ゴルフの時は本牧に住む米○山さんをお迎えに行き、関越方面や千葉方面にロングドライブです。その車中でいろいろお話を聞かせていただきました。地方出身のワシが知らないお江戸の事情、大人の夜の事情、もちろんのお仕事のことも。それと娘さんを小学校からアメリカンスクールに通わせていらっしゃってたので、この話はちょっと異国の話っぽくて楽しかったです。今でも会うと娘さんのアメリカでの活躍ぶりの話を聞かせていただけます。
部長の佐○さんとはNTT人生でワシが一番仕事をしたと思われる時期に本当にお世話になりました。そのころからワシの法人営業としての、もっと充実日々が始まるのでした。

来年につづく

2018年12月29日土曜日

バブル時代

東京に来たら大学の友達とよく会ってました。大学時代テニスサークルをつくったメンバーです。いまでもこのサークルはN大文理学部の公認サークルとして残ってるそうです。
部長のやすおちゃんは證券マンに、しんぱちは銀行マン、きくちゃんは保険マン、なおきはセブンイレブン、けんはサウナマン、かわせくんはベアリングメーカーと各業界に就職して頑張ってました。平成元年入社の我々はバブル採用といわれましたが、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期を指す、いわゆるバブル崩壊を経験しました。とくに証券マンのやすおちゃんにはとてもお世話になってたので、底値になった山一證券の株を2000株購入して再び株価が回復して小遣い稼ぎを企んでいました。
しかし1997年11月、日本の証券業界で四大証券会社の一つとされていた「山一證券」が破綻しました。当時は「銀行と証券会社は潰れない!」と言われていた時代だったため、山一證券が破綻したことは、世間に強い衝撃を与えました。山一證券が破綻したことによって、日本の経済に与えた影響はとても大きく、連日報道されました。涙ながらに「社員は悪くありません!」と頭を下げる社長の姿はとても有名で、過去の映像などで見たことがあると思います。ワシの2000株も紙切れになったのです。いい勉強になりました。その後やすおちゃんはメルリリンチ証券でみごとV字回復するのでよかったです。
そんな中、日本政府は巨大なNTTの力を分散して通信事業の公正な競争を促すため、分割方針を決定するのでした。

つづく
<参考:平成の日経平均株価の歩み>

2018年12月27日木曜日

本社 法人営業本部

本社 法人営業本部で担当したお客様は大手外食チェーン店のすかい○ーく様、日本リース様、あとはサポートでイン○ック様とかを担当してました。すかい○ーく様は後に私にとってはとても大切なお客様になるのですが、ワシが着任した当時は新規店舗にINS64とTA(ターミナルアダプター)と子機付きFAXの手配する単純なワークでした。大変だったのは早めに新規店舗の電話番号を取得してお客様にお伝えすることです。当時はバイト募集も雑誌やチラシで行ってましたので電話番号は非常に重要な情報でした。幸い勤続30年間で電話番号を間違って伝えたことはありませんでした。間違って伝えたら印刷物とかがパーになりますからこれは絶対やっていけないことです。これは今でもちょこちょこ発生してるみたいです。
日本リース様は有楽町ビルジングに事務所がありちょこちょこお仕事をいただいてました。情報システム部門は門前仲町にありよく通ってました。初めてインターネット回線とシステムを納めさせていただきました。インターネット回線はHSD128k、プロバイダーはOCN、サーバはグループ会社の「さてぃすぱっく」。構築時には同期のサトーマンが全面的にサポートしてくれました。
イン○ック様はチームの稼ぎ頭で先輩社員のお客様で局所貸しのお手伝いしてました。そんな感じでゆるくお仕事してましたのでお客様訪問時の帰り道はちょこちょこ寄り道してました。門前仲町はパチンコ屋がたくさんあり交換比率も高かったので、よくお世話になりました。そこでこれからの営業についていろいろ構想~妄想~してました。
プライベートでは平成9年6月に長男が誕生しました。ママさんの実家のある姫路でお産しました。ワシは結局出産に立ち会ったことがなかったので、それはちょっと心残りです。ママさんは今でも「出産は男に見せるようなものではない!」とおっしゃってます。
それと広商軟式野球部からカープの入団テストを受けてバッテイングピッチャーになった背番号98のつるちゃんとは遠征で横浜に来るとQチャンたちとよく遊びました。東京の宿泊先は品川プリンスで江藤選手や朝山選手とかと食事をしたこともありました。そして港南口にあった中日室内練習場には朝連の見学もしました。新井選手は当時からよく練習してました。ベイスターズ戦の時は横浜街のはずれにあった広島風お好み焼き屋の「いしばし」には試合が終わると選手たちもちょこちょこ来てました。つるちゃんにはカープのゲームの家族券を出していただけ観戦もよくしました。「いしばし」のママには今でもビジネスを通じてお世話になってます。
カープキャンプ地の日南天福球場にも行きました。当時は緒方選手も佐々岡選手もバリバリ元気でしたね。日南の地鶏はとても美味しかったです。
さて、平成9年秋、そろそろ東京でのお仕事も頑張らねば、と思ってると世の中にある衝撃が走るのです!

つづく

2018年12月24日月曜日

再々上京編

放送局向け営業は山陰のN本海テレビにも行きました。当時はまだ高速道路もなく、岡山まで新幹線で移動して在来線で北上して鳥取に向かいます。冬は寒かったな~現地の営業担当者は同期の女の子の弟のT山君。彼もワシと一緒で義理人情で動く人間。鳥取に行くと、とてもかまってくれました。のちにT山君には南の島でもお世話になることに。お客様もとてもいい方ばかりです。ワシもT山君も技術力はないですが気合でやってました。そしてここにも西日本コンピュータ様の経理システムの導入が決定して、ワシらはハードやネットワークを担当しました。ここで初めて「YAMAHAルータ100i」を採用しました。本社には既にCiscoルータが導入されていたので拠点側のルータでYAMAHAを使いましたが、Ciscoルータとの接続に苦労してました。でもKIMUさんが名古屋から匠SEを連れてきてパッと接続してくれました。これでYAMAHAルータへの信頼は、というかKIMUさんへの信頼はかなりMAXになりました。
この頑張りが認められてIIDA部長からそろそろ、また本社の営業への転勤話をいただきました。今度はOJTではなく人事での本社異動です。喜んで行きます!
N本海テレビの当時の総務部長さんが松葉ガニで送別会をしてくれて餞別までいただきました。のちに東京駅の八重洲口地下のサウナでバッタリ会ったときは本当にびっくりしました。
さて、行き先は法人営業本部 流通・サービス部。平成9年4月に再々上京です。
今回の転勤は家族三人+お腹の中のベイビー(予定日は6月)。
両親も本社への異動でとても喜んでくれましたが、孫と会えないのが少し寂しかったようです。でもナイスタミングで隣に兄が家を建てることになったのでよかったかなって感じです。
新しい住処は辻堂東海岸社宅です。はじめ聞いたときは「どこ~?」って感じでした。Google MAPもないですからね。地図で調べみると江ノ島の先じゃ~、茅ヶ崎の手前じゃん~鵠沼じゃん~まさに湘南でした。
当時近くの独身寮に住んでた広島の後輩のN良貞君が下見兼プチ掃除に付き合ってくれました。彼は西日本で活躍してるそうです。
湘南の風から建物を守るように松林がたくさんありました。JR辻堂駅に行くより海に行くほうが近いとてもステキな社宅でした。事務所は内幸町ビルでしたので1時間半かかりましたがとても居心地のいい社宅でした。辻堂駅まではチャリかバス、若いから全然苦になりませんでした。
あとを追うように同期のQちゃんも本社に転勤してきて、社宅は横浜保土ヶ谷でしたので、横浜スタジアムにカープ観に行ったりと本当によく遊んでました。奥様のしーちゃんも袋町ビルの受付嬢。かきちゃんと同じパターンです。
というわけでワシの2度目の東京での勤務が始まるのでした。

つづく

2018年12月23日日曜日

大学LAN(高度AM)

平成7年ごろからインターネットが出始めました。INS64にモデムつないでアップルのPCでネットサーフィンがぼちぼち。ワシはまったくなんのこっちゃでした。
インターネットは学術情報がリードしていきました。そして大学へのLAN整備の予算がたくさん付き始めたのです。なのでそれに対応できる営業を育てることが急務にとなり、高度AM担当に若手である程度営業経験のAMが数人抜擢されて、その一人にワシも入ってました。めちゃくちゃ嫌だった。だってそれまでは固定客を担当して営業活動とそうしてフラフラ外出してたのが、まったく出来なくなりました。SEと一緒に仕様書とか読んでなんの興味がないわけですから・・・技術的な雑誌なんか読みながら勉強をするふりしたり検証室みたいなところで、PCをいじったらり後輩女子社員とだべったり・・・
そんなとき、本社からジャイアント馬場並みの身長を持つ足利尊氏の末裔を妻にもつ、IIDA部長が広島赴任してきました。そしてフラフラしてるワシを見て「あんたみたいな営業が出来る人が事務所におったらだめじゃろ~」みたいな感じで高度AM担当を営業活動が出来る営業推進担当みたいな部署を創ってくれて民需向けのLANの営業を再開したわけです。
家族サービスもちゃんとやってました。ママさんのご両親とセブ島にも行ったな~
娘はとにかく可愛かったです。今はお仕事が忙しくてまったく一緒に遊んでくないけど・・・
お仕事は引き続き放送局にLANを売り込んでました。放送局向けのソフトに強い西日本コンピュータって小倉の会社と協業して営業しました。ぼちぼち成果も出てきました。そしてIPという技術を使ったNWを構築するために必要なルータという機器に出会うのです。
そして平成8年にこの住商の二人が名古屋からヤマハの日本製ルータを紹介してくれました。そこからワシのLANネットワーク構築ビジネスが始まるのでした。

つづき

2000年問題

ITブームでし仕事は変わらず忙しかったですが、会社は分割の影響か業績は芳しくありませんでした。当時ワシの通ってた事務所の大手町ファーストスクエアは東京でも、もっとも家賃が高いビルで、経費節減に伴い2年あまりで飯田橋の住友ファーストビルに移転することになりました。そうなると辻堂から...