2019年1月12日土曜日

2000年問題

ITブームでし仕事は変わらず忙しかったですが、会社は分割の影響か業績は芳しくありませんでした。当時ワシの通ってた事務所の大手町ファーストスクエアは東京でも、もっとも家賃が高いビルで、経費節減に伴い2年あまりで飯田橋の住友ファーストビルに移転することになりました。そうなると辻堂から飯田橋まで通勤が2時間近くかかり社宅を都内に代えていただくことになり、港区は南麻布にある三の橋社宅に引っ越すことになりました。

古い社宅でしたがリニューアルされて快適でしたね。便利なので両親や友達もたくさん遊びに来てくれました。子供たちもドーターが小学校1年生、SONが幼稚園年少さんで一番かわいかったですね。もちろん今もかわいですよ。 
通勤もめちゃくちゃ楽になりました。当初はバスで溜池山王まで行ってましたが、南北線が開通し辻堂からの通勤と比べると天国でした。ただ帰り道に麻布十番や六本木が近くにあるので誘惑はたくさんありましたしが、たくさんの授業料を支払い今となっては貴重な経験をさせていただきました。
時は平成12年(2000)、世の中は1999年から2000年へ。1000年に1度のお祭り騒ぎの一方で、100年に1度の区切りを想定していなかったコンピューターが日付の処理を誤って一斉に誤作動する可能性が持ち上がりました。そうです2000年問題ってやつです。年末年始はSEや管理職のみなさんは会社で待機したりして独特の緊迫感に包まれていましたが、事前の対策がしっかりされて、社会の混乱はありませんでした。
このごろNTTはフレッツサービスが始まり、いよいよブロードバンド時代に突入するのでした。

つづく

1 件のコメント:

  1. 2000年。何してたか思い出せない。
    少なくとも2000問題の対応はしたんだろうけど、記憶にないということは、もっと大変なことがあったのか。
    Windows2000ってOSは、覚えているが。

    返信削除

ノートルダム寺院

 昨年9月行ってきました。  パリで初めに訪れた場所が火災になるとは… 早速、再建に向けてたくさんの寄付が集まってるみたいです。日本人は寄付をあまり進んでしないそうです。  これも歴史として語られていくのでしょう。